Tensyoku転は、あなたの仕事探しを全力でサポートします。

サイト名

サイトTOP>これまで生きてきた業界は変えるな!!

これまで生きてきた業界は変えるな!!

(サラリーマン雷太の場合)【男の勘違い その2、その3】
②1カ月後、前職、取引先の社長(個人事業主)から腕を見込んで誘いがあり、部長職待遇で職を得る。  しかし、社長との接待営業の仕方で、いつも意見が衝突し、だんだんといずらい環境にさせられ、2年後、退職。

【男の勘違い その2】(上場企業と個人事業主との金銭感覚の違いである。個人事業主では即売上、入金につながる接待が欲しかった)
 その後、1年程、失業保険で暮らすが、妻も痺れを切らし「はやく、仕事について」と催促するようになる。  仕事を探すが前々職が忘れられず。同等待遇の会社を探すが無く、どの会社も面接までもたどり着けない。
③月収80万円も可能と云うチラシに惑わされ、教材会社の訪販社員となる。 営業車は外車(ベンツ等)か自車。成績優秀者には賞金としてベンツを貰えるような会社であった。 いつも出社時からチャリ~ンというサイコロの響きのする社風である。(チンチロリ~ン)
200万円を超える教材に付き歩合給も1件30万なり。 社風にもなれず月給も10万円前後が続き2年後、退職。

【男の勘違い その3】(飛び込み営業の力は付いたと思っている、法人営業には法人営業のやり方がある。現場、現物、現実主義)

おすすめサイト